HOME>記事一覧>差別化を図るための斬新なデザインと発想力

商品をアピールする顔

広告

商品の顔となるのが、パッケージデザインです。消費者が商品を手にとったとき、一番に視覚に訴えかけるもがパッケージデザインとなります。そのため、インパクトのあるものや興味を引くようなデザインにするなど工夫が必要です。

デザインが購買意欲につながる

広告

消費者の購買意欲にいかにつなげるかが、パッケージデザインの力の見せ所です。例えば、カレーライスのパッケージの場合でも、美味しそうに見せたり、はたまたオリジナルキャラクターを作ったりするなど試行錯誤を必要とします。

陳列棚で差別化を図る

広告

スーパーの陳列棚には無数の商品が陳列されています。その中で、他の商品と差別化を図るためには、パッケージデザインに力を入れることが購買に繋がります。いかに消費者に商品を手にとってもらい、興味を持ってもらって買ってもらえるかは、商品の善し悪しも大切ではあるものの、パッケージデザインが左右ところがとても大きいです。そのため、各社ともデザインにはこだわっています。

パッケージは発想力が大切

ノベルティ

商品をどのように売り出したいのか、どの層に訴えかけたいのかによってパッケージデザインは違ってきます。特に大切なのが、デザインの発想力です。斬新なデザインは人目を引き、消費者に訴えかけるものがあるのです。

広告募集中