HOME>アーカイブ>圧着ハガキの作成にかかる費用や手順について

圧着はがきを作成するときの費用

種類や仕上げ内容、及び枚数によって費用が異なります。業者が提示する価格表を参考にして最適なタイプを決めましょう。

圧着はがきの作成手順とは

DMデザインソフトで作成

希望する画像をデザインソフトで作成します。

専用ソフトに入力する

印刷したいデータを専用ソフトに読み込ませます。

プリンタで印刷しましょう

専用キット用紙を用意しプリンタで印刷します。

ラミネート加工しましょう

専用機を使って加工し圧着ハガキにします。

完成・発送準備をする

完成した圧着ハガキは郵便局で発送手配します。

どのような時に使うべきなのか

フライヤー

広告媒体には色々な種類がありますが、その中の1つである圧着ハガキというものをご存知でしょうか。圧着ハガキは、外から見ると受取人や差出人の名前のみが記載されていて、剥がす部分を取り除くと要件が書かれているというタイプのハガキです。この性質から、受取人に対してのみ知らせたい情報を伝えたい時に有用な媒体であるといえます。それと同時に、複数の用紙を用いる事が出来るので、多くの情報を届けたいという場合にも力を発揮します。

様々な使い道が考えられます

広告

また、圧着ハガキは経費節減にも役立ちます。通常のハガキの郵送料金でプライバシー保護や多くの情報を掲載出来るので、コストパフォーマンスが高いという側面もあります。また、広告を読んでもらう確率を上げるために使う企業等もあるようです。通常のチラシやDMだと、一目見て自分に関係の無さそうな内容であれば、中身を良く確認してもらえない事が多いです。その点、圧着ハガキは開封しなければ内容が分からないため、まずは自社のサービスやキャンペーン等を知ってもらいたいと考える企業等の活用例が多く見られます。その他にも、単純なハガキではなく意図工夫された圧着ハガキを送付する事で、自分がその企業等にとって特別な存在である等というプレミア感を演出したい場合にも用いられます。

広告募集中