さいたまでのチラシ配布を業者委託するメリット

ターゲット選定、配布枚数の指定の等の諸々の作業が、自社で賄うよりも低コストで済む。

チラシとフライヤーの違いを比較して

チラシのポイントを見ると

ばらまいて散らすという意味が語源であり、商品案内や店舗宣伝の他、新聞の折込広告に使われます。A4~B5サイズが使われるのが一般的です。他の資料と一緒に渡すこと場合は厚めの用紙を使いますが、大量に印刷することから薄めの用紙を使ってコストダウンを図るケースも多くあります。

フライヤーの特徴と比較

チラシもフライヤーも広告物であり、同じような意味で使われます。チラシとの違いはフライヤーが用紙が小さめでありA4~B6程度であったり、厚手のものが使わる点です。一般にはチラシの方が馴染みがありますが、広告業界のイベント等ではフライヤーを使うケースもあります。

印刷とデザインを行ってくれる業者がある

広告

チラシ配布してくれる便利な業者はさいたまにはたくさんあり、仕事を依頼すれば、指定した地域にしっかりと配ってくれます。大量の枚数をお願いすれば一枚当たりの単価を減らせるので、少ない負担で大きな宣伝ができるでしょう。しかし、いくらたくさんのチラシを配ったとしても、お客様の心に響かないものでは宣伝効果が激減してしまいます。もしも、効果の高いチラシを作りたいのなら、デザインと印刷も行ってくれる業者を探しましょう。

デザインをしてくれるところを選ぶ

印刷物

さいたまにあるチラシを印刷できる業者は、自分で作ったデザインで印刷してもらうところと、デザインも頼めるところがあります。『デザインもお任せ』と大々的に宣伝をしていなくても頼める業者はたくさんあるので、いろいろなところを見て回りましょう。それぞれの業者で、印刷代とデザイン代の料金は異なるため、総合して安くなるところに頼むのをおすすめします。もちろん、チラシ配布にも対応しているところを選ぶ必要があるので、きちんとチェックをしましょう。

地名を使って探そう

フライヤー

インターネットでは、チラシの印刷とデザインと配布のすべてに対応する業者を簡単に見つけることができます。しかし、日本中の業者がヒットしてしまうため、一つひとつ調べるのはとても面倒な作業です。そのため、インターネットで地元のチラシ配布に対応するところを見つけたいのなら、さいたまという地名は必ず入れなければいけません。そうすれば、近隣のチラシ配布に対応する業者が見つかるので、印刷とデザインも任せてしまいましょう。

金額に納得したら契約

印刷物

すべてを任せられる業者を見つけられたのなら、見積もりをもらって、デザインからチラシ配布までの料金を確認しましょう。契約したのなら、あとはさいたまの各家庭に配るまでやってくれるため、チラシがもたらしてくれる宣伝効果を期待して待つだけです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中